リース契約の印紙税・収入印紙

印紙税法によるリース契約の印紙税・収入印紙、土地賃貸借契約書の印紙に関する判断基準、収入印紙税額の解説。

サイトマップ

リース契約書は原則非課税文書
リース契約を行う際の契約書類に関して、印紙税額は幾ら納付すればよいのか?という疑問をお持ちの方は多い…(続きを見る)

リース契約書の非課税とならないケース
リース契約書は、平成元年の「印紙税法の改正」により、全てのリース契約は基本的に非課税文書扱いとなります。但し、文書作成の際に…(続きを見る)

土地賃貸借契約は第1号の2文書扱い
土地賃貸借契約を行う際の文書の作成過程で、土地貸借とは土地を貸す、いわゆるリース契約に相当するのでは?という考えをお持ちの方…(続きを見る)

土地賃貸借契約の判断基準
土地賃貸借契約の判断基準としてよく争点となるのは、契約書面の記載内容による判断基準がわかりにくい点です。例えば、土地賃貸借契約の契約時に契約書…(続きを見る)

契約内容の変更をした場合の判断基準
印紙税法1号の2文書の契約内容の変更をした場合、基本的に契約内容の変更に関する文書…(続きを見る)

駐車場として賃貸借する場合の判断基準
駐車場の賃貸借契約に関しては、賃貸借の態様により扱いが異なるので注意が必要です。基本的な区別は以下のように判別…(続きを見る)

土地賃貸借契約書の印紙税額表
印紙税法上の土地賃貸借契約に関する契約書(1号の2文書)の印紙税額表を下記にまとめま…(続きを見る)